2015年05月10日

協力型保元の乱 その3

まだ1ターンも終わってないのだが
為朝が討ち取られたところで中止させてください。
今回の設定ではいろいろ無理があることがわかったので。

まず為朝軍の出撃に関して。
鴨川の河原に出るのは義朝、義康に騎馬攻撃を受け
祇園社から六波羅邸を攻撃するのは、防御修正がある上に
清盛、重盛が五条大橋経由で六波羅邸に入り弓射してくるだろうから
どこにも突破口が見出せない。
どうしても洛中へ出撃させたいなら、初期配置で土御門殿に置けるようにするしかないだろう。

頼長の回復能力をパワーアップさせたが
それが使える確率は従来と同じく1/6なので
その間為朝軍が行動済状態で危険にさらされるのではどうにもならない。
頼長の自己回復能力の導入自体は、まずまず機能していると思う。

やはり勝利条件に無理があり過ぎた。
崇徳が第5ターン終了時まで生き残れば崇徳側の勝ちとするのが妥当だろう。
そこで以下のように勝利条件と初期設定を変更して、やり直すことにしました。

・第5ターン終了時に崇徳が生き残っていれば崇徳側勝利
(これにより義朝側、清盛側の勝利条件は、自動的に崇徳の除去しか無くなる)
・後白河が除去されたら崇徳側のサドンデス勝利
(義朝、清盛の除去は、3人プレイでは処理がややこしくなるので削除する)
・通常シナリオの為朝策でゲームを開始する
(崇徳側が最初に2回連続行動、白河殿の修正は+1)

崇徳側の勝利条件を緩くする替わりに、白河殿の防御力を低くした設定である。
(史実でもあまり防御機能は無かった建物のようである)。
posted by 慈覚 at 04:53| 清盛軍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする