2015年05月11日

協力型保元の乱 その5

第2ターン、崇徳側先攻。

土御門殿の平忠正ら2ユニットを近衛殿経由で修理職町に進め、三条殿を攻撃。
弓射能力の−1と邸宅エリアの+1が相殺してダイス修正無し。
しかしヒット無し。

義朝側は源氏2グループ行動可能。
堀川邸から朝長率いる3ユニットを三条殿に入れ、忠正軍を攻撃。
朝長の郎党、波多野義通のクリティカルヒットで忠正と平宗清を討ち取る。
次に京極殿の義朝軍を土御門殿へ進め、一条河原の頼政軍を騎馬攻撃。
計5ヒットで頼政の郎党2ユニットを討ち取る。

ここで崇徳側は、以後白河殿への篭城に徹することに決め
生き残っている頼政も白河殿に戻す。
こうなると西軍は、意外に攻めのきっかけを見つけるのが難しい。

デフォルトのルールだと、崇徳側は頼長の回復能力を一回使えるだけなので
白河殿に篭城したユニットが全て裏返るのを待ってから攻めかかればいいが
自己回復能力を導入したので、白河殿には行動可能なユニットがいつも残っている。
平頼盛を調略されているのもイタいが
もし味方にいたとしても3人プレイでは、コンボで組み合わせられる源氏として使えるのは
清盛側が調略した少数のユニットのみである。

そうこうしているうちに、第2ターンは意外に早く終了した。

清盛軍記10.png


posted by 慈覚 at 03:15| 清盛軍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする