2015年05月11日

協力型保元の乱 その6

第3ターン、西軍先攻、行動は義朝側が源氏2グループ。
いよいよ悪源太義平を上洛させるが、なんと登場したのは祇園社。
崇徳側のダイスが良ければかなり危険だ、ここで上洛させたのは迂闊だったかも。
義朝率いる5ユニットを一条河原に進め、崇徳側の出方を待つ。

崇徳側の行動は源平各1グループ。
義平軍の殲滅も狙えるが、ここは戦力温存を優先させ頼盛コンボを使う。
まず源頼政で祇園社の義平軍を攻撃、弓射能力と小川越えの相殺で修正なしだがハズレ。
そして平氏分の行動は攻撃に使わず、平頼盛で回復を行う。

清盛側は清盛率いる5ユニットを三条河原へ進め、いよいよ白河殿を攻撃。
今回のプレイでは白河殿の修正は+1だが、ダイスが振るわずノーヒット。

崇徳側は白河殿の頼政で清盛軍を攻撃、郎党1ユニットを討ち取る。

清盛側は信西で清盛軍4ユニットを回復。

崇徳側も頼長で頼政を回復。

義朝側は藤原忠通で義平軍2ユニットと義朝を回復。

崇徳側は頼政で清盛軍を攻撃、1ヒットで郎党1ユニットが裏返る。

その後しばらく小競り合いが続くが、回復能力に劣る義朝側の未行動ユニットが減ってきた。

義朝側、源氏1グループが行動可能だが未行動人物は義平しかいない。
ここは祇園社からいったん引いて、後は清盛側に任せるということも考えられるが
残りターン数を考慮し、二条河原へ出て白河殿に放火することにした。
放火後の攻撃は義平のクリティカルヒットで、白河殿の2ユニットが裏返る。

崇徳側は平長盛で反撃、義平主従2ユニットを討ち取った。
ここでターン終了。

清盛軍記11.png
posted by 慈覚 at 04:34| 清盛軍記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする