2017年10月26日

vasaalでフリードリヒ その5

1757年6月、いよいよロシアが参戦。
強行軍カードのルール変更の一つの検証ポイントは
ロシアのスチームローラーの動きが速くなり過ぎないかという点だ。

最初のチットはハノーバー、行軍数は5。
まずイギリスから2ユニットをブレーメンへ、そこで3ユニットが合流しハノーバーへ。
そこでフェルディナント軍8ユニットを編成しミンデン、ソエストを経てケルン攻囲へ。
ケルン要塞は1ヒットを受けつつも持ちこたえる。

次のチットはフランス、行軍数は3、4以上ならケルンで野戦を仕掛けられたのだが。
ナンシーから7ユニットをコブレンツへ。
デストレ軍8ユニットがストラスブールからマインツへ。

次のチットはロシア、行軍数は3。
アプラクシン、ファーマー以下24ユニットがケーニヒスベルクに襲来。
1ヒットを蒙るも4ヒットを与え一撃でケーニヒスベルクを占領、「地形(湿地)」を入手。
町の名前もカリーニングラードへ、とはまだ変わらない。

次のチットはオーストリア、行軍数は6。
フィリップスブルクの帝国諸侯1ユニットをミュンヘンへ。
そこからツバイブリュッケンが率いてプラハへ。
1行軍でナイセの損耗した1ユニットを回復。
あとはグラーツとナイセで攻城戦を実施するために、各1行軍を消費。
グラーツ攻囲戦は動きなし、ナイセは陥落、「緊急動員」を入手。

ここでターン終了。

GJ50 フリードリヒ最大の危機4.png
posted by 慈覚 at 05:09| ゲームジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする