2017年10月26日

vasaalでフリードリヒ その6

1757年8月。

最初のチットはオーストリア、行軍数は2。
ピッコロミニ軍7ユニットがナイセからブリークを攻囲、残り1行軍でグラーツ攻囲を継続。
グラーツ攻囲は1ヒットを蒙るも陥落、「地形(森林)」を入手。
ブリーク攻囲戦は双方1ヒット。

次のチットはロシア、ここで「緊急動員」を使用。
が動員できたのは1ユニットのみ、ロシア盤外ボックスへ。
行軍数は3、アプラクシン以下24ユニットがダンチヒに来襲。
しかし要塞守備隊はプロイセン魂を見せ、双方1ヒットで持ちこたえる。

次のチットはオーストリア、行軍数は5。
ダウン軍7ユニットがグラーツからシュバイドニッツを攻囲。
オルミュッツのハディックをブリークに送り攻囲を継続。
2行軍を回復に使用、ロートリンゲン公カールをウィーンからオルミュッツへ。
シュバイドニッツ攻囲は1ヒットを蒙りながらも陥落、「脱出」を入手。
ブリークも陥落し「地形(森林)」を入手。

次のチットはフランス、行軍数は2。
デストレ軍8ユニットをマインツからヘッセンへ。
メッツから1ユニットをコブレンツへ。

次のチットはハノーバー、行軍数は4。
ハンブルグから1ユニットをミュンスターへ、1ユニットをミンデンへ。
残り1行軍でケルンの攻囲戦、陥落、「騎兵突撃」を入手。

次のチットはプロシア、行軍数は3。
連絡線切れのレーワルト軍はトルン攻囲を中止してポーゼンへ後退。
フィリードリヒ直率8ユニットはライプチヒ攻囲から抜けてゲルリッツへ。

次のチットもプロシア、行軍数は6。
ブレスラウを取られるとロシア軍とオーストリア軍の合流を許してしまう。
阻止したいところだが、プロシアがチットを引けない間に
反プロイセンが地形カードをため込んでしまったので、仕掛けるのはリスクが大きい。
ただ負けを覚悟で、相手に地形カードを消費させるのはどうか。

フリードリヒ軍8ユニットがゲルリッツからシュバイドニッツへ。
ツィーテンとモーリッツの2ユニットをブレスラウからドレスデンへ。
そしてツィーテン軍4ユニットがドレスデンからライプチヒ攻囲へ向かう。
最後の1行軍でブレーベン軍4ユニットがドレスデンからロボジッツへ。

シュバイドニッツで迎え撃つダウン軍は、7ユニットだが1ユニットは損耗状態。
フリードリヒ軍は「奇襲」、ダウン軍は「地形(丘陵)」と「地形(森林)」を使用。
奇襲が丘陵で無効なのでダウン軍先攻、森林で戦闘修正3、4ヒット。
ここでフリードリヒ軍は早々とリーグニッツへの撤退を決断。
オーストリアは「緊急動員」を入手。
ライプチヒはようやく陥落、プロシアは「斜行戦術」を入手。

ここでターン終了。

GJ50 フリードリヒ最大の危機5.png
posted by 慈覚 at 05:09| ゲームジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする