2016年02月20日

vasaalで文禄朝鮮の役 その4

文禄元年六月(第3ターン)。
後から考えれば、日本軍はこのターンに忠州を強襲しておくべきだったように思う。

最初のチットは朝鮮。
さっそく「義兵蜂起」を使用。
慶尚道北辺の蔚珍に郭再祐、鄭仁弘と軍勢駒×8が登場。

次のチットも朝鮮。
ダイスは1で行軍数は3。
忠州、蔚珍に各1駒を補充。

次のチットは日本。
ダイスは6で行軍数は8。
毛利元康、吉川広家、毛利勢×6を日本本国ボックスから密陽へ。
毛利輝元、毛利勢×6、来島兄弟を日本本国ボックスから星州へ。

最後のチットも日本。
ダイスは5で行軍数は7。
毛利元康、吉川広家、毛利勢×6を密陽から大邱へ。
毛利輝元、毛利勢×6、来島兄弟を星州から清州へ。
毛利吉成、生駒親政、生駒勢×2を全州から洪州へ。
清州の朝鮮軍勢駒は除去され、毛利来島勢が占領。

GJ_文禄の役3.png

終了フェイズ。
朝鮮軍は「義兵蜂起」を入手。
朴普と霊圭が待機武将プールへ。

posted by 慈覚 at 16:52| 文禄朝鮮の役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする