2016年02月21日

vasaalで文禄朝鮮の役 その6

文禄元年八月(第5ターン)。
日本軍が漢城を狙える位置まで進出してきたため
朝鮮軍としては国王を漢城から逃がすかどうかが一つのポイント。

最初のチットは明。
行軍数は4。
祖承訓と軍勢駒×3を義州から黄州へ。

次のチットは日本。
ダイスは3で行軍数は5。
毛利吉成、生駒親政、生駒勢×2を洪州から全州へ。
鍋島直茂と鍋島勢×3を清州から羅州へ。
羅州の朝鮮軍勢駒は除去され鍋島勢が占領。
全羅道の支配により、日本軍は勝利点とカード「補充」を入手。

次のチットは朝鮮。
ダイスは4で行軍数は6。
郭再祐と軍勢駒×3を蔚珍から忠州へ。
漢城に2駒、忠州と蔚珍に各1駒を補充。

次のチットも朝鮮。
ダイスは4で行軍数は6。
李鎰、李陽君、軍勢駒×6を漢城から竹山へ。
郭再祐と軍勢駒×3を忠州から竹山へ。
漢城に1駒を補充。
竹山で朝鮮軍12ユニットが毛利来島勢8ユニットと合戦。
日本軍は「伏兵」を使用。
第1ラウンドのダイスは朝鮮軍1、日本軍1で双方が攻撃権を得る。
朝鮮軍の攻撃は郭再祐隊が3ヒット、李鎰隊李陽君隊が1ヒット。
毛利来島勢の攻撃は3ヒット。
朝鮮軍は軍勢駒×3を除去。
日本軍は毛利勢×4が損耗。
日本軍は退却を宣言。
第2ラウンドのダイスは朝鮮軍6、日本軍3で朝鮮軍が攻撃権を得る。
朝鮮軍の攻撃は郭再祐隊が1ヒット、李鎰隊李陽君隊が0ヒット。
日本軍は毛利勢が損耗。
退却路が二級街道のため、退却できるのは次のラウンドになる。
第2ラウンドのダイスは朝鮮軍4、日本軍4だが朝鮮軍だけが攻撃できる。
朝鮮軍の攻撃は郭再祐隊が3ヒット、李鎰隊李陽君隊が2ヒット。
日本軍は毛利輝元、毛利勢×2、来島兄弟が損耗しさらに毛利勢が除去。
損耗した毛利輝元、毛利勢×5、来島兄弟は清州へ退却。
朝鮮軍は「官位を進める」を使用し、郭再祐を総大将に。

最後のチットは日本。
ダイスは2で行軍数は4。
黒田長政と黒田勢×2を尚州から清州へ。
「補充」を使用し毛利輝元、毛利勢、来島兄弟の3ユニットが回復。

GJ_文禄の役5.png

終了フェイズ。
朝鮮軍は「義兵蜂起」を入手。
洪李男と曹好益が待機武将プールへ。




posted by 慈覚 at 01:58| 文禄朝鮮の役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする