2016年02月21日

vasaalで文禄朝鮮の役 その7

文禄元年九月(第6ターン)。
烏嶺を迂回して竹山へ進出した日本軍に
蔚珍から引き抜いた郭再祐隊と漢城からの増援で打撃を与えた朝鮮軍。
首尾よく郭再祐を総大将に昇進させ
日本軍としては次の手が難しくなった印象だが…

最初のチットは日本。
ダイスは2で行動数は4。
加藤清正、加藤勢×4、鍋島勢×2、相良頼房を釜山から星州へ。
小西行長、小西勢×3、宗義智、宗勢、松浦鎮信、有馬晴信を釜山から密陽へ。

次のチットは朝鮮。
「義兵蜂起」を使用。
水源に洪李男と軍勢駒×4が登場。
鏡城に鄭文孚と軍勢駒×3が登場。

次のチットも朝鮮。
ダイスは1で行軍数は3。
鄭文孚、二王子、軍勢駒×2を鏡城から海汀倉へ。
郭再祐と軍勢駒×3を竹山から水原へ。
鏡城の軍団駒を解散し、水原に補充。

次のチットは日本。
ダイスは2で行軍数は4。
黒田長政、黒田勢×2、吉川広家、毛利勢×3、来島兄弟を清州から竹山へ。
毛利吉成、生駒親政、生駒勢×2を全州から竹山へ。
竹山の朝鮮軍は退却を宣言。
合戦のダイスは日本軍4、朝鮮軍2で日本軍に攻撃権。
日本軍の攻撃は黒田勢2ヒット、毛利来島勢0ヒット、森生駒鍋島勢1ヒット。
朝鮮軍は軍勢駒×3を除去し李鎰、李陽君水原に退却。
最後のチットは明。
行軍数は2。
祖承訓と軍勢駒×3が黄州から延安へ。

GJ_文禄の役6.png

終了フェイズ。
明軍は「皇帝の檄文」を入手。
李廷香奄と惟政が待機武将プールへ。









posted by 慈覚 at 09:20| 文禄朝鮮の役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする