2016年02月25日

vasaalで文禄朝鮮の役 その13

文禄二年三月(第12ターン)。
明軍は平安道を確保するだけでも計7点。
日本軍は咸鏡道と黄海道を攻略しても7点。
黄州から明軍を追い払うことに成功しても勝利条件的には不利だ。
朝鮮軍は平安道と咸鏡道を確保して4点だが
李舜臣出撃で日本軍の戦意を削ぎつつ、義兵蜂起で追加点が狙える。

最初のチットは朝鮮。
早速「李舜臣出撃」を使う。

次のチットは日本。
行軍数は5。
小早川隆景、小早川秀包、小早川勢×4、安国寺恵瓊、伊東祐兵を大邸から星州へ。
小西行長、小西勢×3、羽柴秀勝、羽柴勢×3を江陵から高城へ。
高城の惟政軍は退却を宣言。
合戦のダイスは日本軍が4+1、朝鮮軍が3。
日本軍の攻撃は小西勢2ヒット、、羽柴勢1ヒット。
惟政は戦死。

次のチットは朝鮮。
行軍数は1。
曹好益と国王、二王子を黄州から平壌へ。

次のチットは日本。
行軍数は2。
小西行長、小西勢×3、羽柴秀勝、羽柴勢×3を高城から安辺へ。

次のチットは明。
行軍数は3。
李如松、張世爵、楊元と軍勢駒×21を黄州から平壌へ。

最後のチットも明。
行軍数は3。
祖承訓と軍勢駒×2を黄州から平壌へ。

GJ_文禄の役12.png

終了フェイズ。
朝鮮軍は「疫病の流行」を入手、即座に使用。
しかし清州の毛利勢×4も尚州の戸田勢も損害なし。



posted by 慈覚 at 02:08| 文禄朝鮮の役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする