2016年02月26日

vasaalで文禄朝鮮の役 その16

文禄二年六月(第15ターン)。

最初のチットは日本。
行軍数は1。
小西行長と小西勢×3を洪原から端川へ。

次のチットも日本。
行軍数は2。
小西行長と小西勢×3を端川から鏡城へ。
朝鮮軍の李洸が応戦。
合戦のダイスは日本軍2+1、朝鮮軍5。
李洸の攻撃はヒットし小西勢が損耗。
第2ラウンドのダイスは日本軍2+1、朝鮮軍3で双方が攻撃。
小西勢の攻撃は2ヒット、李洸の攻撃はハズレ。
李洸が戦死し、日本軍は勝利点と「講和交渉」を入手。
この時点で日本軍7得点、明軍8得点、朝鮮軍5得点だが
チットが出尽くし、ダイスにも恵まれない日本軍に暗雲が…

次のチットは明。
行軍数は1だが動かず。

次のチットは朝鮮。
最高のタイミングで「義兵蜂起」を使用。
大邱に權應銖と軍勢駒×3を配置。
釜山へ朴普と軍勢駒×2を配置し日本軍の連絡線を遮断。

次のチットは朝鮮。
行軍数は4。
鄭仁弘と軍勢駒×2を原州から漢城へ。
釜山に軍勢駒を補充。

最後のチットは明。
行軍数は3。
黄州の日本軍を攻撃したいところだが、無理筋と判断し動かず。

GJ_文禄の役15.png

終了フェイズ。
朝鮮軍は「義兵蜂起」を入手。




posted by 慈覚 at 05:11| 文禄朝鮮の役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする