2017年01月31日

戦略級関ヶ原トリニティ その1

これまでゲームジャーナルの過去作を、およそ古い方から順にプレイしてきたのだが
No.2収録の戦略級関ヶ原は
最大の危機シリーズの第二弾ということでポピュラーな作品であり
リプレイもあちこちのブログで見かけるので、後回しにしてきた。
信長最大の危機と比べて、ルールが非常にシンプルで
プレイしやすいという印象を受ける。

関ヶ原ゲームというと、クラシックなエポック社の関ヶ原が発売されたのは
既に三十年以上前になる。
このゲームにはマップ外に存在する軍勢が置かれる地域移動表があり
カードの獲得により上杉軍や佐竹軍が出陣すると
関東平野で東軍と激戦を繰り広げることもあった。
当時から、こうした全国規模の関ヶ原戦役をメインテーマにしたゲームを
やってみたいと思ったゲーマーも多かったのではないか。
最初にそれが実現したのは
戦国群雄伝シリーズのモジュールとして発売された戦国の一番長い日である。
戦略級関ヶ原は、それらのゲームよりずっとシンプルな
Point to point のマップのゲームである。

中立マーカー、支配マーカー、損耗マーカーなどは
公式ページの右下からダウンロードして自作するか
他のゲームから流用するかしないと、はっきり言ってプレイに差し支える。
マップはゆったりサイズなので、試しに25%に縮小したのを使ってみた。
スペースのない環境だと、こちらの方がベターかと思う。

通常プレイにおける作戦の分析や研究は、既にかなりなされていると思うので
ここでは3人プレイの可能性を試してみることにする。

3.1
西軍プレイヤーは西軍(大坂方)に属する部隊を指揮する。
上杉佐竹プレイヤーは上杉家と佐竹家の部隊を指揮する。

5.2.1
西軍プレイヤーは大坂方(西軍)チット2枚を使用する。
上杉佐竹プレイヤーは上杉佐竹チット1枚を使用する。

14.1
これらの勝利条件に関しては
自軍手番において達成したプレイヤーの勝利とする。

ゲーム開始時に配置の選択肢があるのは上杉家のみ。
会津に直江兼続と7部隊、津川に上杉景勝と7部隊を配置する。



posted by 慈覚 at 20:49| 戦略級関ヶ原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする