2018年08月25日

孔明北伐 その4

第3ターン(225年)。
魏軍の漢中攻撃は采配1の差とダイス運の悪さで完全に失敗。
蜀軍としてはこの間に南蛮攻略を完了してしまいたいところ

武将フェイズ。
人材登用は魏が辛毘、蜀が姜維。

イベントフェイズ。
魏は「新戦法」、蜀は「鮮卑の協力」。

呉出陣フェイズ。
蜀軍が1エリアを獲得、夏候楙と孟達を討ち取り外交値4。
呉の出陣チェックにより魏軍は洛陽の2軍団を除去。
魏軍はここで「孟達の裏切り/回復」を使用、蜀軍は「看破」で無効化。

移動フェイズ。
蜀軍は「鮮卑の協力」を使用し、北狄エリアに鮮卑王と2鮮卑軍団を配置。
成都の姜維と2軍団を雲南へ。
成都の馬謖と1軍団を漢中へ。
成都の馬忠を武都へ。
北狄エリアの鮮卑王と2鮮卑軍団を武威へ。
長安への道が空いてるが、サドンデスを狙うのは無理筋だろう。
魏軍は洛陽の曹真、辛毘と3軍団、北地の1軍団を郿へ。
郿の郭淮と2軍団を武威へ。
郿の張郃、魏平、1軍団と陳倉の2軍団、涼州軍団を武都へ。

戦闘フェイズ。
雲南の戦闘。
蜀軍は5軍団で非補給下、南蛮軍は3軍団で補給下。
南蛮軍が籠城を継続。
統率3采配1の趙雲と統率2采配0の孟獲の合戦。
第1ラウンド。
蜀軍は0ヒット、南蛮軍は1ヒット。
第2ラウンド。
蜀軍は1ヒットだが籠城効果でキャンセル、南蛮軍は0ヒット。
第3ラウンド。
蜀軍は2ヒット、籠城効果で1ヒット、南蛮軍は0ヒット。
第4ラウンド。
蜀軍は2ヒット、籠城効果で1ヒット、南蛮軍は0ヒット。
以後5、6、7ラウンドは双方損害を与えることが出来ず。
第8ラウンド。
蜀軍は1ヒットだが籠城効果でキャンセル、南蛮軍は1ヒット。
第9ラウンド。
蜀軍は1ヒットだが籠城効果でキャンセル、南蛮軍は1ヒット。
蜀軍はここで攻撃中止、やはり籠城されると諸葛亮以外では厳しい。
武都の戦闘。
蜀軍は2軍団で補給下、魏軍は3軍団と涼州軍団で関により補給下。
先鋒戦は統率2武勇2の魏延と統率3武勇2の張郃。
蜀軍は0ヒット、魏軍は1ヒット、魏延は負傷して成都へ。
蜀軍は剣閣への撤退を宣言、殿は采配1の馬忠、張郃の采配は2。
魏軍の攻撃は0ヒットだったが、馬忠は死亡。
武威の戦闘。
鮮卑軍は2鮮卑軍団で非補給下、魏軍は2軍団と2涼州軍団で補給下。
先鋒戦は統率2武勇2の鮮卑王と統率2武勇1の郭淮。
魏軍は「奇襲」を使用。
第1ラウンドは蜀軍0ヒット、魏軍1ヒット。
鮮卑王は負傷して北狄エリアへ。
ここで鮮卑軍は北狄エリアへ退却を宣言。
魏軍の攻撃は、涼州軍団が4ヒットを与え鮮卑軍は壊滅。

生産フェイズ。
魏軍は4軍団を洛陽に配置。
涼州軍団を武威に配置。
南蛮軍は籠城中のため生産なし。
蜀軍は成都の2生産力、漢中の1生産力、費禕の1支配力で4軍団を成都に配置。

武将再配置フェイズ。
魏軍は曹真を郿から洛陽へ。
蜀軍は趙雲を雲南から成都へ。

勝利得点フェイズ。
魏は洛陽、武威、陳倉、雲南、蜀は成都と漢中を支配。
魏が2点追加し計6点。

孔明3.JPG



posted by 慈覚 at 07:13| 孔明北伐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする